財団の概要

HOME» 財団の概要 »理念・趣旨・設立の背景

財団の概要

理念・趣旨・設立の背景

理念・趣旨
  若者の“社会人力”(職場や学校、地域社会で多様な人々とともに活動していくために求められる能力)を高める事業を通じて、若者が元気に社会人としての活動を行い、関西が、そして日本が元気になることに寄与する。
設立の背景
  若者に元気がないと言われています。若者の『○○離れ』『ゆとり世代』といった言葉に象徴されるように、失敗を恐れ挑戦しない、競争を好まない、価値観が異なる人と積極的に関わりを持たないといった若者が増える傾向にあります。
 このような若者が直面している非常に大きな問題として、未就業者の増加や入社後の早期離職があげられます。この状況は若者だけの問題にとどまらず、日本の成長や活力に影を落としているのは間違いありません。
 これに対し、大学では、キャリア教育の強化を行っているものの、その多くは就活対策にとどまっており、企業が求める人材要件の要求に応えるに至っていない場合が多いと言えるでしょう。
 また、企業の大半を占める中小企業においては、欲しいと思う学生がなかなか採用できない、採用後に社員を教育する余裕やノウハウがないというのが現状です。
 『働く』場面において顕著に表れているこれらの問題の原因の一つとして、若者の多くが社会人に求められる基本的な能力を身につけられていないことがあげられます。
 学生や若年ワーカーが、学校や職場などにおいて、社会人として活動していくうえで求められる考え方やスキルを取得できるような仕組みづくりが早急に求められているのです。

財団について

名 称 一般財団法人 社会人力開発センター
所在地 大阪市北区曽根崎2-5-10 梅田パシフィックビル6F
電話番号 06-6367-1005
アクセス

地下鉄東梅田駅 徒歩3分

2011/02/10